News新着情報


 

最新のショッピングアプリiLoca(イロカ) を使って『地ビール祭京都2018』をサポート

株式会社テクサー(本社:京都市下京区、CEO:朱強)は、2018年5月13日(日)に京都三条会商店街(京都市中京区三条通 堀川~千本)で実施される『地ビール祭京都2018』に協賛して、ショッピングアプリ「iLoca(イロカ)」を使ったサポートを行い、イベントを大いに盛り上げたいと思います。

iLocaは、テクサー社が開発したショッピング・ナビゲーション・システムで、国内外からの観光客や京都市内のお客様に商店街の最新情報、イベントや店舗の検索機能、お店への経路のナビゲーション、プッシュ広告の発行、クーポンの発行などをスマートフォンおよびタブレットを用いて多言語で提供します。対象となるOSは、AndroidおよびiOSです。

2017年12月に実施したイベント『サンタからの贈り物を探せ』や、2018年2月に実施した『バレンタインフェア』などのイベントでは、商店街の中に設置したiBeaconの前で「ふるふる」を実行していただくことによってクーポンを取得していただいていました。今回は次のような新しいイベント支援機能を追加し、iLocaの有効性を示したいと思います。

  1. スマホの画面に現れる『地ビール祭京都2018』のバナーをクリックしてから特設抽選会場で「ふるふる」を実行していただいてクーポンを発行します。今回発行するクーポンは、ビールチケットとフードチケットです。
  2. 今回のイベントでは、地ビール提供ブース、チケット販売所、トイレの位置を三条会商店街の地図上に表示し、ナビゲーションを行えるようにアレンジしました。
  3. 協賛させていただいている『地ビール祭京都2018』の公式サイトからもiLocaのダウンロードサイトへのリンクを貼り付けていただきました。これらの工夫によって、iLocaのイベント支援機能がより強力になり、商店街でのより充実したO2O(Online to Offline)ビジネスが実現できます。
関連情報

地ビール祭京都2018のホームページURL:
http://www.kyoto-beer.jp/info.html

iLocaの特長
  1. 多言語での情報提供により、国内外の旅行者や近隣住民への商店街の情報提供、店舗検索、経路のナビゲーションが容易に行えます。今回導入するシステムは、日本語、中国語、英語の3つの言語に対応しています。自動音声翻訳機能も提供しています。
  2. GPS が利用できない場所での利用者の位置推定が可能です。屋内、地下街、ビルに囲まれた商店街などでも、iBeaconデバイスを用いることにより、利用者の位置が正確に推定できます。誤差は3m程度です。本方式はGPSやWiFiを用いた位置推定よりも高精度であり、目的地への正確なナビゲーションが可能です。
  3. 商店街全体のマップを提示しての店舗の検索や経路のナビゲーションが可能なだけでなく、店舗名の一部を用いた店舗の検索なども可能です。これにより、お客様が使いやすいユーザ・インタフェースを提供しています。
  4. 商店街全体や個別の店舗からのクーポン発行やイベントの支援も可能です。各店舗にアカウントを発行しますので、コンテンツ作成や編集、商品の登録や編集、お客様の管理などもそれぞれの店舗で簡単に行えます。これにより、低コストでシステムを運用できます。
  5. 店舗内にiBeaconデバイスを設置することによって、お客様の来店履歴を残せます。これにより、将来のビッグデータ解析のための基礎データの収集も可能です。また、電子決済(将来導入予定)などで得られる情報と組合わせることにより、人工知能(機械学習) を用いた最新のマーケッティング手法の導入が可能になります。
  6. 本システムでは個別の商店街のためにその都度プログラムを作り直す必要はなく、共通のプラットフォームを用いて新規の商店街のためのショッピング・ナビゲーション・システムの作成を容易にしています。これにより、新規の商店街へも低い導入コストでシステムを提供できます。
  7. iLocaをダウンロードされたお客様は、このアプリを用いて京都三条会商店街だけでなく、将来追加される別の商店街や商業施設などの情報も取得可能です。これにより、お客様は同じアプリを用いて多数のお店の情報をリアルタイムで取得できるようになり、お店ごとに別のアプリをダウンロードしてアクセスする煩わしさから解放されます。
  8. インターネット上のホームページとは違い、O2O(Online to Offline)型のサービス提 供が可能です。すなわち、現地に行くことでしか得られない最新情報の取得とサービスを受けられるシステムなので、お客様を商店街などの現地に来ていただきやすくなっています。実際に商店街に行くことでしか得られない最新情報の提供も可能なのがこのシステムの特徴の一つです。
今後のビジネス展開

本システムは、最新の IoT(Internet of Things)技術を用いた地域活性化のための新しいビジネスツールです。iBeaconを用いたナビゲーション・システムは、商店街だけでなく、地下街、大規模商業施設(ショッピング・モール)、各種公共施設、公共交通施設、大規模オフィスビルなど、GPS の電波を受信しにくい場所での情報提供やナビゲーション・サービス提供の手段としても最適です。また、緊急時の避難誘導などにも活用できます。

(株)テクサーでは、これからも商店街や大規模商業施設向きのショッピング・ナビゲーション・システムや上記のような情報提供・ナビゲーション・システムを、ユーザが購入しやすい価格で市場に提供していきます。また、これらのビジネスを一緒に立ち上げていただける、パートナーも募集しています。

担当者:今井 正治(取締役 CTO)
携帯 080-3032-8383
本社 075-204-8964

プレスリリースPDFを表示

2018.5.11掲載 / NEWS