News新着情報


2月14日(水)に最新のLPWAN(低消費電力広域ネットワーク)であるZETAについて講演を行います

お客様各位、

拝啓

時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。日頃は弊社の事業にご理解とご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて弊社では現在、インドア・ナビゲーション技術などのIoT応用技術および、IoT応用に適した通信インフラであるLPWAN(Low Power Wide Area Network:低消費電力広域ネットワーク)システムの開発と販売を行っております。このたび、株式会社 リックテレコム様が2018年2月14日に開催される「第18回IoT技術セミナー」において、ZiFiSense社で開発された「ZETA」(ゼタ)を紹介させていただきます。

ご存知のように、現在は第一世代のLPWANとして、LoRa、Sigfox、NB-IoTが使われつつありますが、今回紹介させていただくZETAはIoTの通信インフラに最適なUNB (Ultra Narrow Band)のLPWAネットワーク技術として2014年に発表されました。ZETAでは、IoTで求められる長距離通信(10km以上)と双方向の低消費電力通信(電池寿命5-10年)を、大規模なメッシュ型ネットワークで実現することができるため、多数のセンサーから構成されるIoTシステムに最適な通信インフラとなっています。

ZETAの最大のアドバンテージの一つは、メッシュ通信による分散アクセスによって、第一世代のLPWAの1/5以下の低コストでIoT向き通信インフラを構築できることです。電池駆動が可能な中継器を用いてマルチホップの通信を行うことにより、システム内の高価なアクセスポイントの個数を削減することが可能になり、他の方式と比べて導入コストも運用コストも低減可能になります。

また、ZETAのキラーアプリの一つであるZETA-Lite技術を利用したスマート・ライティング・システムは、スマートシティの実現を一気に加速する画期的な通信技術として注目を集めています。本セミナーでは、ZETAの技術内容の紹介、特長、応用事例などについて分かりやすく説明させていただきます。

ご多用とは存じますが、本セミナーにご参加賜りたく、お願い申し上げます。

 

敬具

株式会社 テクサー
代表取締役社長 朱 強

「第18回IoT技術セミナー」のURL:
http://www.ric.co.jp/expo/iot/18/


2018.2.8掲載 / NEWS